秋の気配 白い萩

☆夏休み企画 作ってあそぼう 29年7月25日 2学期8月28日から

四つ切の画用紙、大作完成しました。

  NPO法人 

  あんきや

『認定NPO法人』  

 

※活動開始

平成13年7月3日

 外出支援の移送サービスを27年3月31日に終了。江名子の事務所をお返ししました。

 

 

写真は、小さな中古住宅を少し直した事務所です

 

 平成27年4月4日に高山市片野町5丁目193番地の小さな中古住宅に引越しました。

お気軽に立ち寄っていただけるもうひとつの居場所「ゆいのいえ」を目指しています。皆さんに知っていただけるよう、「ミニフリーマーケット」やあんきな「絵本部」、健康教室「セルフ整膚」そして映画会などを開催しています。

散歩やお買い物のついでに、気軽に立ち寄っていただける「しゃべり場」です。

みなさん あんきに のぞいて くれんさい

 

ぶな 紫陽花 杉 ここはどこでしょうか?

飛騨一宮大祭 裏方? あるからできた!

御神体が本殿にて休息中なので、境内で待機しているお輿、

駅前のコヒガン桜  5月2日

       「子ども110番の家」の指定

27年8月21日、近くの山王小学校の校長先生から「こども110番のいえ」の指定を受けました。正副の代表理事が小学校を訪問し、岐阜県警察が作成している表示板を交付してもらい、それを良く目に付く所に取り付けました。

 8月20日には、学童見守り隊の方が事務所を訪ねてきて、登校時の学童の集合場所としたいとの申し出があり、二つ返事で了解をしたところです。

 110番のいえとして、活躍する機会が無いことを祈っていますが、いざという時は、焦らずに的確に行動できることに心がけます。

前の事務所のときも指定を受けていましたが、幸い緊急事態は無く、カモシカが学童とはちあわせして、子どもと一緒に自宅近くまで送ったことがありました。

一番利用されたのがトイレ、次は水補給でした。 

また、「今何時ですか?」も多かったです。

            ☆岐阜県初めての仮認定 卒業して認定NPO法人へ☆

 認定NPO法人制度は、「一定の要件を満たしている」と岐阜県が認めた法人に様々な税制上の優遇措置が与えられる法人です。
そのためNPO法人よりもよりいっそう高い公益性が求められます。

  1. ひろく一般から支持を受けているかどうか?
  2. 活動や組織運営が適正に行われているかどうか?
  3. より多くの情報を公開しているかどうか?

といった観点からその公共性が高いかどうかを判定されています。

 

 NPO法人あんきやは平成24年12月3日に岐阜県で最初の「仮認定NPO法人」になりました。「あんきや通信」に掲載し郵送したところ、多くの方々から応援していただくことができました。

 おかげさまで「認定」の大きな壁であったPST要件(パブリック サポート テスト)の絶対値がクリアーできましたので、

仮認定を卒業し平成26年3月28日に

『認定NPO法人』にステップアップしました。

 

 

        認定NPO法人

 26年3月31日現在、岐阜県では751のNPO法人が認証されています。

その内『認定NPO』が7法人、『仮認定NPO』が1法人と約1%です。

申請に沢山の書類が必要となり、認定後の報告も多くの書類を提出しなければなりません。

でもそれは、寄附してくださった方が税金控除を受けることができる、メリットを感じていただくために、NPO法人としてできることを努力しなければと思いました。

 認定申請の書類は14書式、事務所での審査による改善事項が3点、それを改善した報告書を提出し、認定されました。当法人の会計年度8月末終了後に、NPO法人としての報告に加えて、認定NPO法人としての報告書類も14書式作成して、岐阜県に提出しています。 

4月14日 日枝神社の例祭 御神輿 御巡幸中